技術紹介 | TECHNOLOGY

主な製造技術

冷間鍛造 精密冷間鍛造

ミクロン単位の精度をもつ常温下の鍛造技術。
デジタル技術(CAE解析)を駆使した精密な金型設計と工程管理技術により、バラツキの最低条件(バラツキmin)をクリアする高い精度を実現しています。

冷間鍛造 薄肉成形

摩擦抵抗を制御するトライポロジー技術と、金型技術、圧造技術の結合による薄肉成形。
ミクロン単位の精度をもつ真円を肉薄に仕上げることで、時間とコストのかかる外径の切削工程を必要としない技術です。

異形冷間鍛造

非対称形状のシャフトや偏心形状のウエルドボルトを鍛造フォーマーで成形することにより、従来の鍛造プレスの約2倍の生産性を実現しています。

融合技術(鍛造+転造)

鍛造技術と転造技術を融合することにより、強度と精密さを高いレベルで実現しています。

熱間鍛造

素材を1100〜1250℃の高温に加熱して行う鍛造。可鍛性が失われない特徴をもち、比較的大きな製品の製造に用いられる技術です。

温間鍛造

素材を、「熱間鍛造」より低い200〜850℃で加熱して行う鍛造。素材の強度を確保する特徴をもち、高炭素鋼など成形が難しい素材を鍛造する技術です。

ハイドロチューブフォーミング

金属の管を、液圧やゴム圧によってふくらませ、金型に沿った自由な形状にする加工技術。
自動車、輸送機器、農機、建設機械、建築用金物部品などに用いられています。